ダリア > 採用情報 > 社員インタビュー > インタビュー(岩川智一)
社員インタビュー

PROFILE

小林 史宜

1つ提案すれば、必ず変化がある仕事。

その先に、パートナーになれる醍醐味があります。

岩川 智一
神戸営業所 平成16年キャリア採用

 

ダリアを選んだ理由は?

この仕事はキャリア採用で入社して始めました。前の仕事も営業。どちらかというと営業には苦手意識があったんですが、もう1回チャレンジしてみようとダリアに入ったら、はまってしまいました(笑)。営業所のオープニングスタッフとしての入社だったので、最初は飛びこみばかり。でも数をこなしていくうちに度胸もついたし、良い出会いにも恵まれ、商品を買ってもらうコツも徐々にわかってきました。

ダリアに入って、いちばんの思い出は何ですか?

あるサロン様に、1泊2日の「合宿」を提案して実行していただいたことですね。そのサロンのオーナーさんは「スタッフの自主性をもっと伸ばしたい」と悩んでいました。ちょうどその前にダリアの社員研修があり、合宿の有効性を学んだこともあって、さっそく提案書を作成しました。

岩川さんも合宿に参加されたのですか?

はい、準備段階から関わりました。合宿場所をおさえ、スケジュールを作り、研修で使用する映像資料なども探しました。合宿当日は今後の目標を決めるミーティングの進行役として参加。いっしょに食事をし、風呂に入り、お酒を飲みながら、夢を語り合ったり、普段はできない話ができたことはとても貴重な体験です。 そして何より、合宿を始める前は真っ白だった紙に、みんなで話し合った内容が記されていき、最後は1枚の目標としてできあがったときは、すごく達成感がありました。それまではオーナーが決めていた1年間の目標を、初めてみんなで作り上げたのですから。 そのサロン様とは合宿後も長く付き合っていただいており、今では私が「買ってください」といわなくても、買ってくれるようになったのです。サロンと業者の垣根がなくなり、お客様と本当のチームになれたのだと思います。ちなみに、このサロン様では毎年合宿を続けていますし、私も他にも2件の合宿を毎年運営しています。

この仕事の魅力は何でしょう?

日々変化があるところ。行動を起こさないと何も始まりませんが、1つ提案すれば、必ず変化がある。お客様のニーズを探りながら、1つ1つ先んじて仕掛けていくところが楽しいです。おかげさまで、今までこの仕事をやめたいと思ったことは1回もありません(笑)。仕事としてとらえず、楽しめているからだと思います。 さらに、お客様のパートナーになっていけるところも、この仕事の醍醐味だと思います。「いないと困る」といっていただけた時は本当にうれしいものです。担当するサロン様のスタッフさんの成長を感じる時もやりがいを感じます。変わったなと感じる瞬間があるんです。スタッフさんがいきいきと働くようになると、必ず数字も変わってきますからね。
小林 史宜
次のインタビューを見る