ダリア > 採用情報 > 社員インタビュー > インタビュー(中島務)
社員インタビュー

PROFILE

小林 史宜

結果が出ない時期や、苦手なことも乗り越えて、

成長できる会社。支えてくれた先輩たちに感謝!

中島 務
大阪営業所 平成22年新卒入社

 

ダリアを選んだ理由は?

学生時代から商社に興味があり、就活中も商社に絞りこんで受けていました。そのなかで、ダリアは「若いうちから経営者とお話ができること」「仕事を任せてもらえること」という点に魅力を感じ、「ここなら自分のやりたいことができる!」と入社しました。

実際に入ってみて、やりたいことは出来ていますか?

はい。ただ1年目はなかなか成果につながらなくて、「1週間売上がゼロ」という日もありました。それでも先輩方は温かかったですし、仕事のポイントを根気強く教えてくれたことには、とても感謝しています。
「あきらめずに、通い続けるということ」。「もし要望をもらえたなら自分だけで悩まず、先輩や上司に聞くこと」。こうしたアドバイスのおかげで、結果が出ない時期もがんばることができたし、その結果、個人目標も達成できましたから。

ダリアに入って、いちばんの思い出は何ですか?

担当するサロンのスタッフさん全員を対象とした講習会を開いたことです。きっかけは、オーナーさんからの「もっと売り上げを伸ばしたい」というご要望でした。そこで、店販(お店で使っているシャンプーなどをお客様に販売すること)の強化を提案。しかし、実際にやっていただいたのですが「忙しくてなかなかお客様に説明できていない」「目標の意識が低い」といった課題も浮き彫りになったのです。 ならば、スタッフさん全員を対象とした講習会を開こうと。しかも、講師は自分。まだ入社2年目でしたので、上司に助けてもらいながら資料を作成したり改善点を導き出したりしました。 講習会の後も、スタッフさん同士で売り上げを競争してもらう企画を提案して実施してもらうなどしたこともあって、店販の売り上げが2倍にまで伸びました。

この仕事のやりがいとは何ですか?

お客様のことを考え提案できることが、この仕事の醍醐味だと思っています。それと今、大事にしているのは、提案したあとのフォローです。提案したことが本当にそのサロン様のためになっているのか。もし目標が達成できていなければ、なぜそうなのか。こうしたことを考えながら仕事をしていくなかで、お客様に頼ってもらえるようになる。自分が成長していくのを感じる。それが、やりがいですね。 でも先輩たちの仕事ぶりを見ていると、まだまだ勉強しなければならないことがたくさんあります。

今後の目標は?

私が新人のころにしていただいたように、後輩たちにしっかり教えていく先輩になることが、当面の目標です。ダリアは、結果が出ない時期や苦手なことも乗り越えて、成長できる会社でもあります。頼りになる先輩たちがたくさんいますし、チャレンジしたいという気持ちが伝われば、周りが助けてくれる。支えてくれた先輩たちに感謝しながら、もっともっと成長したいですね。
小林 史宜
次のインタビューを見る