ダリア > 採用情報 > 社員インタビュー > インタビュー(小野川鉄也)
社員インタビュー

PROFILE

小野川 鉄也
自分が担当してきたお客様は、最高の財産。
お客様といっしょに成長できる喜びがあります。
小野川 鉄也

東京営業部 平成14年新卒入社

ダリアを選んだ理由は?

ダリアの会社説明会で「美容ディーラー」という仕事に興味を持ったのが入社のきっかけです。私は学生時代からおしゃれが大好きでした。仕事は人生の大半を占めるものだし、興味があることを仕事にすれば、どんなことも乗り越えられるだろうと思ったんです。しかし実際に始めてみると、相手は美容のプロやサロンの経営者。自分はなんの経験も知識もありません。最初はなかなか会話ができず苦労しました。「経験を積むしかない」と考え、とにかくいろんな人と話し、理解できるように努力しました。

ダリアに入って、いちばんの思い出は何ですか?

東京支社の立ち上げに参加したことです。九州では断トツのシェアを誇っているダリアですが、東京での顧客開拓はゼロからのスタート。サロンにもすでにメインの取引業者があるなかで、あきらめずに毎日のように通い続けていましたね。
あるサロン様では、会話のネタを集めるためにサロン様のホームページやブログを毎日チェックしたり、スタッフさんの名前も必死に覚えました。すると徐々にスタッフさんが話をしてくれるようになり、4ヶ月たったころからようやくオーナーさんとも話ができるようになりました。

そのサロン様では、どんな仕事をしたのですか?

東京支社の立ち上げに参加したことです。九州では断トツのシェアを誇っているダリアですが、東京での顧客開拓はゼロからのスタート。サロンにもすでにメインの取引業者があるなかで、あきらめずに毎日のように通い続けていましたね。
あるサロン様では、会話のネタを集めるためにサロン様のホームページやブログを毎日チェックしたり、スタッフさんの名前も必死に覚えました。すると徐々にスタッフさんが話をしてくれるようになり、4ヶ月たったころからようやくオーナーさんとも話ができるようになりました。

この仕事のやりがいは何でしょう?

お客様たちといっしょに成長していけるところが、この仕事の醍醐味なんだと最近つくづく思いますね。私が新人だったころに知り合ったアシスタントさんたちが今、スタイリストや店長、オーナーになっています。今でも声をかけてくれ、昔とは違うビジネスの話などをしていると、本当にうれしくなります。

それと、東京支社も着々と大きくなっています。自分たちの努力が着実に実を結んでいるんだと思うと、やりがいを感じます。もっと拠点を増やし、関東でも「ダリアはすごい!」といわれるようにしたいと思っています。

求職者に向けてのメッセージをお願いします。

私たちが取り扱う商品は決して特別なものではありません。であるからこそ、差別化のポイントは「自分」しかないと考えています。単なるセールスではなく、パートナーとして見てもらいたいと思っていますし、そのためには常に相手のことを考え、行動することが大切ですね。
小野川 鉄也
次のインタビューを見る