ダリア > 採用情報 > 社員インタビュー > インタビュー(小林史宜)
社員インタビュー

PROFILE

小林 史宜

おしゃれで元気な雰囲気にひかれて入社。

決められた型がないことも、この仕事の面白さ。

小林 史宜
福岡中央営業所 平成23年新卒入社

ダリアを選んだ理由は?

私は会社の雰囲気でダリアを選びました。いろんな会社の説明会をまわりましたが、ここの雰囲気がいちばん良かった。多くの会社の説明会の中で、群を抜いて働きやすそうに思えました。「この雰囲気の中で働きたい!」と思って、入社を決めました。 新人研修は2ヶ月間ありました。内容は、あいさつや言葉づかいといったビジネスマナーが中心。厳しかったですが、とても役に立ちました。自分の場合、6月からは1人でお店まわりを始めなければなりませんでしたから。

仕事で大切にしていることは何ですか?

すべてのお客様に平等に足を運ぶということですね。だから1日にまわるサロンは20~30軒にもなります。人づきあいを大事にしていたら、いつか必ず自分に返ってくると信じているんですね。ですから、急に「○○が必要になった!」という電話がお客様からかかってきても、できる限りきちんと対応するように心がけています。そうした積み重ねが、パートナーとして信頼関係をつくっていくには必要だと思いますし、多くのサロン様とお取引できている秘密だと思います。ちなみに今、新卒入社して2年目ですが、約90軒のサロンを担当しています。

ダリアで働く魅力とは何でしょうか?

働き方に「型」がないこと。例えば、プレゼンの仕方などに決まりがないので、自由な発想で仕事に取り組むことができます。私の場合、売りたい商品は必ず自分で使ってみますし、周りの人にも使ってもらい使用感についてのリアルな声をサロン様に伝えるようにしています。

これからの目標を教えてください。

今はとにかく、担当するお客様のお店へ平等に「足を運ぶ」こと。売上や規模で差別せずに足を運んでコミュニケーションをとり、それぞれのサロン様に合った商品提案を行っていくことです。 それぞれのサロン様に合わせた提案とコミュニケーションの積み重ねが、パートナーとして信頼関係をつくり、ひいては自分の結果にもつながると思っています。いつか、「ダリアに小林あり」といわれるような営業になることが目標です。
interview_img01_b.jpg
次のインタビューを見る