ダリア > 取り扱い商品 > プロフェッサーKの部屋

プロフェッサーKの部屋

【プロフィール】

1959年生まれ A型 おとめ座

資格: 美容師免許取得 / 管理美容師資格取得 / カラーコーディネーターディプロマ取得 / ヘアケアマイスター/
プレミアムインストラクター取得 / 日本ヘアケアマイスター協会教育委員 / ジョジアンヌロール/ヘッドスパインストラクター /
ダヴィネス/ヘッドスパインストラクター

今回のテーマは


HIMALAYAN OIL ロールオン

ただものじゃないこのオイル




  
 
  HIMALAYAN OIL

 

 
 西洋医学では神経系

 
 神経系が低下すると、三叉神経(高血圧)

 
 坐骨神経(ヘルニア)助問神経(胸痛)

 
 手根管症候郡(手首痛)

 
 気候・気圧神経痛(むくみ・筋力痛)


 □体が冷える

 
 □胃腸が弱い(下痢をしやすい)

 
 □ストレスを感じる

 
 □昼間から眠気がする

 
 □いつも横になりたい



  
  HIMALAYAN OIL

 

 
 西洋医学では内分泌系

 
 内分泌が低下すると、
 
 下垂体・甲状腺・膵臓・松果体・精巣・卵巣に不調

 
 

 □首・肩こり

 
 □肌が浅黒い

 
 □生理痛がひどい

 
 □手足のしびれ・冷え 

 □シワが出やすい



  
  HIMALAYAN OIL

 

 
 西洋医学では免疫系

 
 免疫系が低下すると、
 
 アレルギー・アトピー・喘息・花粉症・体温調整

 
 

 □めまい・立ちくらみ

 
 □湿疹がでやすい

 
 □天候で体調が左右される

 
 □体が重く・だるい 





高い効果の3つのポイント



◆ヒマラヤ山脈の高山で収穫した生命力が高い植物を使用


◆症状別に配合


◆経絡と経穴に働きかける












気・・・神経系


身体の不調が慢性化して『気』に影響が及んだ時、

とくに精神的健康に非常に深い関係があり、

全身の不調につながります。



 ●当帰(とうき) ⇒血行促進・冷え緩和

 ●桃仁(とうにん) ⇒関節痛・腰痛・筋肉通の軽減


 ●三七(さんしち) ⇒毛細血管の拡張と血行促進


 ●杏仁(きょうにん)⇒胃でのタンパク消化酵素を抑制

 ●党参(とうじん)⇒呼吸中枢神経の鎮静


 ●ハッカ油 ⇒覚醒作用




経絡・経穴ポイント




   

血・・・内分泌系



身体の不調が慢性化して『血』に及ぶと

活性を失って正常な働きができなくなり、

貧血や女性はホルモンバランスが崩れやすい。



 ●当帰(とうき) ⇒血行促進、冷え緩和

 ●紅花(こうか) ⇒月経痛、月経異常の改善


 ●石菖蒲(せきしょうぶ) ⇒神経痛、リューマチ改善


 ●柴胡(さいこ) ⇒解熱、鎮痛、解毒作用


 ●友胆草(げんちあな) ⇒消化機能低下の改善

 ●ハッカ油 ⇒覚醒作用




経絡・経穴ポイント





水・・・免疫系


『水』は皮膚や関節・内臓など身体の各部分に栄養を

与えます。体の不調が慢性化して『水』に影響が

及ぶと乾燥したり逆にむくみがでます。



 ●当帰(とうき) ⇒血行促進、冷え緩和

 ●天麻(てんま) ⇒めまい、ヒステリー鎮静


 ●杜松子(としょうし)
 
    ⇒発汗、利尿、むくみ、風邪、通風の改善


 ●乳香(にゅうこう) ⇒抗炎症作用


 ●木香(もっこう)

    ⇒おう吐、下痢、消化不良の改善、気の巡行作用

 ●ハッカ油 ⇒覚醒作用




経絡・経穴ポイント



  • 採用情報
  • プロフェッサーKの部屋
prev next