ダリア > 取り扱い商品 > プロフェッサーKの部屋

プロフェッサーKの部屋

【プロフィール】

1959年生まれ A型 おとめ座

資格: 美容師免許取得 / 管理美容師資格取得 / カラーコーディネーターディプロマ取得 / ヘアケアマイスター/
プレミアムインストラクター取得 / 日本ヘアケアマイスター協会教育委員 / ジョジアンヌロール/ヘッドスパインストラクター /
ダヴィネス/ヘッドスパインストラクター

今回のテーマは

 進化した【ストレート剤】新たな発見!! 

“第一弾”

 ∗縮毛矯正の最大リスクであった

“アイロン熱によるタンパク変性”を抑制する

“新たな成分”が、発見されました!!

 

“アイロン熱によるタンパク変性”とは・・・ 
アイロン熱

                                                     

高温のアイロンを、繰り返し使用すると、
毛髪のタンパク質の構造が変化し、
タンパク凝集体(タンパク変性)を引き起こす現象です。


   ◎縮毛矯正を繰り返していると

     『髪が硬くなる』

     『ツヤが無くなる』

     『カラーが沈む』


   ※これらの原因は、
    タンパク質の構造変化によるものでした。


 
☆タンパク質の科学に着目したミルボン社・・・

 
【タンパク質の特性】

[天然体]→還元+熱→[変性体]→構造変化が起こる→[凝集体]

『研究結果』
2012年~2013年、人毛からタンパク質を抽出して凝縮抑制成分が
確認できる実験を筑波大学と共同で行ない、世界で始めて確立した。
熱によるタンパク質凝縮に対して様々な原料探査を行った結果、

『Nacグルコサミンが有効』であることが分かった!

      ※熱凝集成分の効果検証~卵でのモデル検証
     
       検証動画⇒コチラ

 

ミルボン社が、

『ソフトプロティン理論』を確立。

タンパク質を変性体にとどめるNacグルコサミンを第1剤に配合した場合は、毛髪のコルテックス細胞の変化が少ないことが確認されました。


  • 採用情報
  • プロフェッサーKの部屋
prev next