ダリア > 会社案内 > ダリアの歴史

ダリアの歴史

1946年
昭和21年

 
history_img01.jpg  
創業者・高木道明が美容材料卸「ダリヤ商会」設立
戦後のモノ不足の時代。ダリアの店には毎朝、ダリアが調達したコールド液(パーマ液)を求める美容師たちの長蛇の列ができた。
このころ、当時の美容院オーナーには高嶺の花だった「電気パーマ」の機材を“代金後払い、催促ナシ”で無償貸与し、戦後のパーマネントブームの広がりに貢献。

1967年
昭和42年

 
「ダリヤ商会」を「株式会社ダリヤ」に改組
戦後から高度成長期、平成に至るまで、ダリアは多くの業界組織で要職を務め、価格競争の抑制など、“共存共栄”の業界発展に尽力。
講習会システムに代表される独自ノウハウも惜しみなく公開・共有し、各社の成長を後押しした。
history_img04.jpg

 

ダリヤ商会  
若手美容師が技術を競うコンテストを主催
業界発展を人材育成面から支えるコンテスト。当初は本社で開催。
未来のスタイリストたちに“ダリコン”と親しまれ、急速に浸透した。年々規模を拡大し、現在ではビューティイベント「ABC(アジアビューティコングレス)」として定着。

1976年
昭和51年

 
新本社ビルにダリヤビューティセンター開設
ダリヤビューティセンターは、現在では美容業界御用達のプロショップ「B-ZONE」へと質量ともにスケールアップ。西日本全域に直営店を展開するほか、「同じフォーマットで出店したい」という同業他社のオファーを無条件で承諾。ダリアの手によらない「B-ZONE」が全国に誕生し、若い美容師と美容学生たちのお気に入りスポットになっている。
history_img06.jpg

1991年
平成3年

 
history_img07.jpg  
株式会社ダリアート設立
美容サロンの新規出店をプロデュースする会社として、株式会社ダリアートが設立される。 資金計画からマーケティング、内装までトータルに支援する別働部隊。営業がダリアートとコラボしてオーナーの夢を実現する事例も多い。

1998年
平成10年

 
福岡市上牟田に物流センター竣工
美容ディーラーとして他社に先駆けて整備した物流拠点。
営業が直接商品をお届けする必要がなくなり、持てるパワーを提案に集中する体制ができた。
また、物流センターのノウハウやシステムも「どんどん見学を」と同業他社に公開した。
福岡物流センター

2001年
平成13年

 
history_img09.jpg  
関西市場に進出
当時、九州で圧倒的なシェアを誇っていたダリア。関西市場への本格展開が始まった。

2004年
平成16年

 
中国市場へ進出
関西に続き、中国市場への本格展開がスタート。
history_img10.jpg

2006年
平成18年

 
創業60周年  
創業60周年
創業60周年の節目の年に、高木進一が代表取締役社長に就任。

2007年
平成19年

 
新CI導入により株式会社ダリアに社名変更
 
株式会社ダリア

2008年
平成20年

 
history_img11.jpg  
首都圏市場へ進出
支社開設のスローガンは「グローカル企業を目指して」。東京の流儀をそのまま受け入れるのではなく、九州で培った独自ノウハウのカスタマイズ策を練る攻めの営業戦略を徹底し、首都圏市場の牙城で着実に業績アップ中。目指すは業界ナンバー1の奪還。

2011年
平成23年

 
ABCが福岡会場と大阪会場の2拠点開催に
国内のみならず、中国・韓国・台湾から、のべ1万人を超える参加者を集める日本最大級のビッグイベントに。 このほか美容業界コンベンション「BBS(ビューティビジネスショー)」など、経営支援、人材育成支援、業界発展の観点から多数のイベントを主催している。
history_img12.jpg

2014年
平成26年

 
history_img13.jpg  
株式会社エルマンと資本業務提携
九州、関西、中国、関東と着実に足場を固めてきたダリア。この企業提携を通じ、四国エリア全域におけるサロン向け商社機能を大幅に強化。多様化するサロンニーズにきめ細かく対応するサービス体制が整ったことで、四国市場でのトップシェア拡充が視野に。
  • 採用情報
  • プロフェッサーKの部屋
prev next